此君(しくん)/高田酒造(鳥取県倉吉市)*価格は全て税込です

   

<平成26年2月~取り扱い開始>

 

東西に長い鳥取県のだいたい中央、鳥取と米子のちょうど中間辺りに位置する倉吉市は城下町であり、白壁土蔵群などの観光でも知られた美しく穏やかな町です。その町中に位置する「高田酒造」は天保14年に建てられた、現存する庄屋として県の保護文化財にも指定される由緒ある蔵元です。

蔵は高田(たかた)酒造、お酒は此君(しくん)と読みます。この高田酒造、実は10年ほど造りを縮小化しておりました。そこへ東京でのサラリーマン生活から蔵に戻った高田昌樹さんが酒造りに携わるようになり、前杜氏について酒造りを学び、そして彼自身が初めて「自分の酒」を1本仕込んだのが23BYの造りでした。たまたま昌樹さんとご縁があり、このスタートとなるお酒から此君と地酒屋こだまとの交流が始まりました。そして仕込み本数が5本に増えた24BYの造りでは酒造りとしても大幅な進化を遂げました。もちろんまだ序章に過ぎずいろいろな意味でこれから無限の可能性を探っていく、まだまだそんな段階ではありますが、彼の想いが少しずつ具現化するのを地酒屋こだまでも応援していけたらと思っています。

とはいえ25BYでも約30石という極小の造りでしたので此君の新しい歴史はまだ始まったばかり。そんな中で平成26年2月より関東では初めて、地酒屋こだまは此君と一緒に歩み始めました。今の此君の良さを一言で表すなら「キレのいいシャープさの中にほどよい香りと米の旨味をバランスよく共存させた酒」であり、もっと簡潔に言えば「パワフルな旨みの(いわゆる)辛口」。スッキリした酒質に米の旨味と酵母の特性を忠実に表現している点を僕は評価しています。とにかくまだまだこれから無限の可能性を秘めた此君、そして静かな情熱を燃やす生真面目な高田昌樹さんの成長をどうぞ一緒に見守り、大いに楽しんでくださったら幸いに思います。

 

                                        <平成26年2月記>

 

平成27年5月追記:26BYはタンク8本、ようやく50石弱まで来ました!

 

 

 

此君 純米吟醸 あらばしり無濾過生原酒(赤ラベル)2020/02BY *2020.11.24発売

使用米:鳥取県産 玉栄 精米:55% 日本酒度:+12 酸度:1.8 使用酵母:9号

濾過・火入れ・加水:なし(うすにごりタイプ) 酒母:酸基醴酛(さんきあまざけもと)

酒質:酸のしっかりした辛口 お勧め温度:冷◎/常温◎/燗〇

アルコール:16度 販売予定期間:12月くらいまで

                           

価格:1,815円(720ml) 3,520円(1.8L) *共に完売しました(01/10)

 

今期の此君はここからスタート!乳酸系のフルーティな香りがほんのり、シャープかつドライな旨みを基調にほんの少しだけジューシーな甘みが味わえる旨みの辛口に仕上がってます。酸も程よく、軽快な旨みとバランスしていると思います。昨年より醸造用乳酸を使わずに「高温糖化蒸米に乳酸菌を添加する」酸基醴酛にて醸造、元々の此君らしさを残しながら新境地を模索する二期目の造りとなります。まずはこのフレッシュな若さ溢れるあらばしりからお楽しみください。

 

 

 

此君 純米吟醸 無濾過生原酒(赤ラベル)2020/02BY *2021.01.10発売

使用米:鳥取県産 玉栄 精米:55% 日本酒度:+12 酸度:1.8 使用酵母:9号

濾過・火入れ・加水:なし(うすにごりタイプ) 酒母:酸基醴酛(さんきあまざけもと)

酒質:酸のしっかりした辛口 お勧め温度:冷◎/常温◎/燗〇

アルコール:16度 販売予定期間:2月くらいまで

                              *1.8L 完売(01/27)

価格:1,760円(720ml) 3,410円(1.8L) *720ml完売(01/24)

 

先行発売のあらばしりに続いて生原酒の発売です。乳酸系のフルーティな香りがほんのり、シャープかつドライな旨みを基調にほんの少しだけジューシーな甘みが味わえる旨みの辛口です。酸も程よく、軽快な旨みとバランスしていると思います。昨年より醸造用乳酸を使わずに「高温糖化蒸米に乳酸菌を添加する」酸基醴酛にて醸造、元々の此君らしさを残しながら新境地を模索する二期目の造りとなります。フレッシュな若さもだいぶ落ち着き柔らかさも出ていい感じです。

 

 

 

此君 純米吟醸 うすにごり火入れ原酒(赤ラベル)2020/02BY *2021.01.27発売

使用米:鳥取県産 玉栄 精米:55% 日本酒度:+12 酸度:1.8 使用酵母:9号

火入:あり(うすにごりタイプ) 酒母:酸基醴酛(さんきあまざけもと)

酒質:酸のしっかりした辛口 お勧め温度:冷◎/常温◎/燗◎

アルコール:16度 販売予定期間:3月くらいまで

                           

価格:1,815円(720ml) 3,520円(1.8L) *720ml完売(05/22)

 

新酒第一弾赤ラベルの火入れうすにごりです。乳酸系のフルーティな香りがほんのり、シャープかつドライな旨みを基調にほんの少しだけジューシーな甘みが味わえる旨みの辛口ですが、酸も程よくて軽快な旨みとバランスしていると思います。昨年より醸造用乳酸を使わずに「高温糖化蒸米に乳酸菌を添加する」酸基醴酛にて醸造、元々の此君らしさを残しつつ新境地を模索する二期目の造りとなります。火入れの柔らかさもこれからさらに出て充実の味わいが期待できます。

 

 

 

此君 純米吟醸 あらばしり無濾過生原酒(紺ラベル)2020/02BY *2021.01.17発売

使用米:鳥取県産 玉栄 精米:55% 酒母:酸基醴酛(さんきあまざけもと)

日本酒度:-6 酸度:2.3 使用酵母:6号 アルコール:15度

濾過・火入れ・加水:なし(うすにごりタイプ) 

酒質:軽快な酸が爽やかなやや甘口 お勧め温度:冷◎/常温◎/燗○⇒◎

販売予定期間:2月くらいまで *720mlは現在同じお酒の「火入れ中取り」を販売中

 

価格:1,815円(720ml) 3,520円(1.8L) *720ml完売(05/01)

 

酸基醴酛による程よい乳酸(ヨーグルト)系の香りに酵母由来の柑橘系の香りが混ざります。此君としては珍しい酒度マイナス(甘口)のお酒ですが、爽快な酸とバランスして軽快な甘みを演出します。原酒で度数も低めなので、此君らしさを継承した上で飲みやすく仕上がりました。酒質は軽快ですが複雑な旨みに芯があり、魚から肉まで幅広くお楽しみいただけると思います。

 

 

 

此君 純米吟醸 無濾過生原酒(銀ラベル)2020/02BY *2021.03.31発売

使用米:鳥取県産 鳥系酒105号 精米:55% 酒母:酸基醴酛(さんきあまざけもと)

日本酒度:-1 酸度:2.1 使用酵母:6号

濾過・火入れ・加水:なし(無濾過生原酒) アルコール:15度

酒質:力強い酸と旨みの中~やや辛口 お勧め温度:冷◎/常温◎/燗○⇒◎

販売予定期間:秋くらいまで *生原酒は完売、現在は無濾過火入原酒を販売中です

 

価格:1,815円(720ml) 3,520円(1.8L)

 

ほんのり乳酸+柑橘系の香り、すっきりしてると見せかけてそこそこ力強いパンチ、適度に広がるドライでシャープな旨みが魅力です。軽快さもありますが程よくジューシーな旨みを力強い酸が彩っていて、軽すぎず重すぎずとてもいいバランス。個人的に酸基醴酛になってから最も好きな味わいかも。まずは魚料理かなー、でも肉も合いそうだなー。食中酒として抜群と思います。

 

 

 

此君 純米吟醸 無濾過火入れ原酒(赤ラベル)2019/01BY *2020.02.25発売

使用米:鳥取県産 五百万石 精米:55% 日本酒度:+5 酸度:2.5

使用酵母:9号 酒母:酸基醴酛(さんきあまざけもと) アルコール:17度

一言で表すと:力強い酸に支えられたドライな旨みの辛口

販売予定期間:ほぼ通年(生を先行発売⇒途中から火入れに切替)

 

価格:1,760円(720ml) 3,410円(1.8L) *720ml完売(11/20)

 

今期より挑戦の「酸基醴酛」による乳酸系の香りがほんのり、スッキリ滑らかな口当たりでドライな旨みが程よく広がります。9号らしい柑橘系の酸に酸基醴酛による乳酸のニュアンスが加味されて力強くも柔らかな旨みから後口のスパっとしたキレに繋がります。純米(黒ラベル)に比べると一段上のスッキリした透明感があり、より軽快さを楽しめます。お刺身や魚介系の天ぷらと合わせたくなる味わいは此君の真骨頂。まずは冷酒で、夏以降にはお燗もいいと思います。

 

 

 

此君 純米吟醸 無濾過火入れ原酒 熟成(紺ラベル)2015/27BY *29.09.16発売

使用米:鳥取県産 玉栄 精米:55%

日本酒度:+12 酸度:2.2 使用酵母:6号

火入れ:一回 貯蔵:蔵内常温瓶貯蔵 アルコール:19~20度

販売予定期間:通年販売

 

価格:1,870円(720ml) 3,740円(1.8L)

 

熟成感溢れる香り、パワフルながら柔らかな米の旨みが広がります。火入れ⇒瓶詰めしてそのままひんやりした蔵の中で静かに寝かせた熟成酒です。此君ならではのめっちゃドライなキレと柑橘系の力強い酸に彩られた濃醇な旨味が炸裂します。データ通りたしかにシャープではありますがそれ以上の旨みに驚嘆。もちろん冷酒より、常温からお燗が真骨頂のお酒です。普通のおつまみも合いますが発酵系、燻製系のおつまみとの相性は絶品。お燗で一気に柔らかくなります。

 

 

 

此君 純米 無濾過火入れ原酒(七宝ラベル)2015/27BY

使用米:鳥取県産 玉栄 精米:70%

日本酒度:+10 酸度:2.4

使用酵母:7号 火入れ:あり 濾過&加水:なし

アルコール:19~20度

 

価格:1,650円(720ml) 3,190円(1.8L)

 

芳しい熟成香がしっかり、まろやかながらパンチのある旨みがどっしり広がります。もともとドライながら濃醇な旨みのあるタイプでしたが、熟成によりシャープさとエッジを残しながら圧倒的な深みの酒に成長しました。少し醤油を思わせるような複雑味もあり、力強い酸が少々クセのある旨みをしっかりまとめていてとにかく旨いです。発酵系や肝系のおつまみ、燻製やスパイス系の料理などとは特に相性抜群です。冷酒よりは常温からお燗で、特にお燗では化けますよ。

 

 

 

此君 純米 無濾過火入れ 熟成原酒(霞ラベル)2014/26BY *30.02.22発売

使用米:鳥取県産 山田錦 精米:70%

日本酒度:+17 酸度:2.4

使用酵母:6号 アルコール:19~20度

販売予定期間:しばらくは販売可能です(こだま限定発売)

 

価格:1,650円(720ml) 3,190円(1.8L) 

 

26年度醸造、超ドライなこのお酒を火入れ後に蔵内で3年、常温熟成したお酒をこだま限定で発売です。柑橘香に熟成香が混ざり、もともとかなりシャープな酒質でしたがめっちゃ柔らかな旨みに成長、まったり厚みのあるコクの中に柑橘系の酸と辛みが舞い踊ります。洋酒的な風味を含めちょっと驚くほどいい熟成をしたなぁ。もともと脂の乗った魚や揚物との相性抜群なのですがこれなら肉料理も合いそう。冷酒よりは常温から熱めのお燗で飲んでいただきたい一本です。

 

 

 

此君 夏の純米吟醸 金魚ラベル 無濾過火入れ 2020/02BY *2021.06.01発売

使用米:鳥取県産 鳥系酒105号(強力系)+鳥取県産 五百万石 精米:55%

使用酵母:6号+9号 日本酒度:+3 酸度:1.9

濾過:なし 火入れ:あり 加水:あり アルコール:15度

酒質: 軽快で爽やかな旨みの中口 お勧め温度:冷◎/常温◎/燗◎

販売予定期間:9月くらいまで

                        

価格:1,760円(720ml) 3,410円(1.8L)

 

金魚の泳ぐ涼しげなラベル、此君の夏の純吟です。ほのかな柑橘+乳酸系の香り、爽快な酸が輪郭を彩るスッキリしつつも存在感のある旨みを感じます。透明感もあり、ほのかなジューシーさもあり、しかしトータルでは此君らしいキレのある旨みです。特に今期は軽快ながらもしっかり旨い、とてもいいバランスに仕上がっていると思います。和食かな…いや、もちろん洋食にも!

 

 

 

此君 純米 五百万石×9号 二夏越えのひやおろし 2018/30BY *2020.09.08発売

使用米:鳥取県産 五百万石 精米:70%

日本酒度:+4 酸度:2.2

火入れ:一回 濾過:なし 加水:あり 貯蔵:蔵内常温約2年

使用酵母:9号 アルコール:15度

                          

価格:1,540円(720ml) 2,970円(1.8L) *共に完売しました(11/09)

 

ほどよく熟成感のある香り、柔らかな米の旨みが広がります。熟成の物足りないひやおろしが多く見られる中、たまには「さらに一年寝かせた」ひやおろしがあってもいいんじゃない?というコンセプトで毎年公式発売する、蔵内の常温で夏を二回乗り越えたひやおろしです。度数を落としているので飲みやすく、熟成感もありますが軽快な旨みが柑橘系の酸に彩られてじんわり広がります。もちろん冷酒より常温からお燗がお勧めの、食中にぴったりの飲み飽きない酒質です。