和田龍登水(とすい)/和田龍酒造(長野県上田市)*価格は全て税込です

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長野県上田市にて明治20年に創業した和田龍(わだりゅう)酒造。

初代当主の和田龍太郎翁の名前から命名した「和田龍」「和田龍登水」が主要銘柄です。

 

写真は造りも担当する現当主の和田澄夫さん。

謙虚・懐の深さ・優しさという言葉がぴったりのとても温かい方です。

和田さんを初めて知ったのは忘れもしない2010年の長野酒メッセ。

実は和田龍が「長野酒メッセin東京」に初めて出展した年だったそうです。

 

その時に酒徒庵の盟友・竹口店長が「たけさん、凄い酒があるよ!」と興奮して教えてくれました。

(にも関わらず酔っぱらっていた僕は和田さんを遠くで見ただけという失態を犯したのですが・・・苦笑)

それがきっかけで、以降メッセでお会いして簡単な挨拶と共にお酒を利かせていただく間柄になりました。

 

お互いに共通の友人も多く、またお手伝いをしている四谷大長野酒祭りでもお会いして、

少しずつ交流を重ねていくうちにその酒質の良さと和田さんの明るい人柄に除々に惚れ込んでいき、

そして昨年8月にようやく蔵を初訪問して初めてゆっくりとたくさんのお話を伺うことができました。

 

その時に受けた深い感銘は忘れません。

それで和田さんのことが大好きになって、また調子に乗って秋にも会いに行っちゃって、

先日(2月)にも顔を出しに伺って、とこの一年で一気に交流が深まりお取り引きへと繋がりました。

 

諸事情は省きますがとんでもない苦労人です。

そして本当に腰が低い。(実るほど頭を垂れる稲穂かな、という言葉がこんなに似合う方はいません)

さらに僕と音楽の趣味がかなり似てる(かなりのメタル好きです・・・笑)。

 

和田さんの造る酒は(今のところ)ほのかで自然な香りと透明感のある膨らみとキレが魅力。

まぁ、僕の感じ方ではありますが、とにかく派手さを抑えたいわゆる「食中酒タイプ」のお酒です。

特有のミネラル感があり、僕個人的にはその辺りに特に和田龍らしさを感じています。

 

ちなみに極めて少量生産のため時期によっては欠品などあるかも知れません・・・お許しください。

 

都内の酒販店では鈴傳さん、革命君さん、信州おさけ村さん、神奈川ではSake芯さん、

千葉では小田商店さんが先駆けて取り扱っておられまして、和田さんの「熱い想い」を応援し続けてきました。

この度、その末席に加えていただくことになり光栄と感じています。

 

地酒屋こだま、平成27年3月18日より「和田さんの穏やかな人柄と熱い想い」と共に、

これから少しずつ、日本酒を愛するみなさんに伝えていきたいと考えています。

こだまの新しい仲間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

                                      <平成27年3月記す>

 

 

和田龍 純米 搾りたて生原酒 2019/01BY *2019.12.12発売

使用米:一般米 精米:70%

日本酒度:-2 酸度:1.6

火入れ:なし 加水:なし アルコール:16度

販売予定期間:2月くらいまで

                           

価格:1,320円(720ml) 2,640円(1.8L) *1.8L完売(05/23)

 

立ち香は控えめですが、リンゴや梨の穏やかな香りを含んだ旨みが存在感を主張し、しかし押し付けがましくなく優しく広がります。70%という低精米ですが雑味は少なく、田園風景を思わせる(?笑)ホッとする旨味がいちばんの魅力ですね。特に今期は搾りたての硬さがあまり感じられず、柔らかな旨みから程よい後口の余韻に繋がって旨いです。和田龍ならではのミネラリーなニュアンスもしっかり感じられるバランスよいお酒です。和田さん!今期も期待してます♪

 

 

 

和田龍登水 ひとごこち 純米 無濾過生原酒 2019/01BY *2020.02.14発売

使用米:東御市八重原産契約栽培 ひとごこち 精米:59%

日本酒度:-1 酸度:1.6 使用酵母:きょうかい1401

濾過・火入れ・加水:なし アルコール:16度

販売予定期間:年末くらいまで

 

価格:1,760円(720ml) 3,520円(1.8L)

 

優しい果実系の香り、ミネラル感のある「水」を思わせる透明感のある旨みの中に、穏やかな酸に支えられたジューシーな米の甘みが柔らかく広がります。今期は定評のある契約栽培米にした結果なのか、例年以上に穏やかな旨みが柔らかく広がりつつも芯のある味わいに。これはこだま的には今まででベストな出来かも!無濾過生原酒なのに押し付けがましさのない穏やかさを感じさせる、まさに和田龍登水らしい仕上がりです。幅広い食事に寄り添う、美味い食中酒です。

 

 

 

和田龍登水 山田錦 純米 無濾過生原酒 2019/01BY *2020.04.11発売

使用米:山田錦 精米:59%

日本酒度:-1 酸度:1.7

アルコール:16度

ひと言で表すと:程よい香り、押し付けがましくないバランス重視の生原酒

販売予定期間:2月くらいまで

 

価格:1,760円(720ml) 3,520円(1.8L)

 

山田錦の特徴のひとつ「バランスのよさ」を生かしたお酒です。優しい果実の香り、ミネラル感のある仕込み水を感じさせるコクが魅力です。今期は例年以上にしっかりした旨味で、バランスのよさを生かしながら程よい飲み応えを感じます。穏やかな酸と柔らかい米の旨みが特徴で激しく主張せず優しく寄り添ってくれる旨味の生原酒、造り手の和田さんの笑顔が浮かぶ一本です。

 

 

 

和田龍登水 美山錦 純米吟醸 無濾過生原酒 2019/01BY *2020.05.22発売

使用米:信州産 美山錦 精米:49%

日本酒度:-1 酸度:1.5

濾過・火入れ・加水:いずれもなし(無濾過生原酒)

アルコール:16度

販売予定期間:10月くらいまで

 

価格:1,760円(720ml) 3,520円(1.8L)

 

純米吟醸規格ですが香りは抑えめで、やはり和田龍らしいミネラリーな雰囲気を持ちつつ食事に寄り添うお酒。ほのかなリンゴ香、スッキリした口当たり、そして今期は柔らかながらもジューシーな旨みが広がります。美山錦らしい少々の苦味と穏やかな酸が酒質を引き締め、和田龍登水らしい穏やかで滋味深い仕上がり。この季節、鮎などの川魚や鱧などとも相性のよい一本です。

 

 

 

和田龍登水 山恵錦 純米 無濾過生原酒 2018/30BY *2019.05.18発売

使用米:信州上田産 山恵錦 精米:55%

日本酒度:+4 濾過・火入れ・加水:いずれもなし(無濾過生原酒)

アルコール:16度

販売予定期間:秋くらいまで

                              *720ml完売(08/03)

価格:1,760円(720ml) 3,520円(1.8L) *1.8L 完売(07/16)

 

先日長野県で新しく登録された「山恵錦(さんけいにしき)」を使った生原酒です。使用酵母は一緒なので香りはリンゴを感じさせる芳香がほのかに、さっぱりした口当たりからさらりと広がるコクまでとにかく優しくて、まるでキレイな水を飲んでいるようです。初めての米で特性が掴めていない中、米を溶かしすぎずあくまで軽く仕上げたのだと思われますが、結果飲み疲れのしない軽快な酒質となりました。まずは冷酒で、さっぱりした夏のおつまみとお楽しみください。

 

 

 

和田龍登水 ひとごこち 純米 ひやおろし  2018/30BY *2019.09.13発売

使用米:信州産 ひとごこち 精米:59%

日本酒度:+2 酸度:1.5 使用酵母:協会1401

火入れ:あり アルコール:16度

販売予定期間:11月くらいまで

 

 価格:1,650円(720ml) 3,300円(1.8L) *1.8L完売(10/19)

 

ほのかな果実の香り、熟成によって角の取れた優しいコク、さらりとした軽さのある柔らかな酒質に成長しました。優しい酸と柔らかな旨味がバランスし、少しだけ洋酒を思わせるような複雑な熟成味が印象的です。生とは別タンクのお酒を火入れ&熟成させたこともあり、昨年同様「優しさ」を感じる酒質に仕上がっています。軽やかな旨みとほどよい旨みの余韻にホッとする、そんなお酒です。冷酒も悪くないけどやはり常温からお燗でじっくりお楽しみいただきたいなぁ。