東鶴/東鶴酒造(佐賀県多久市)*価格は全て税込です

東鶴(あずまつる)酒造(佐賀県多久市東多久町)

 

平成20酒造年度より、自社蔵での酒造りを約15年ぶりに再開したのは当時28歳だった長男の野中保斉くん(現社長兼杜氏)でした。まずはたった一人だけでタンク4本、25石の造りからスタートし、21・22年度は30石、23年度は60石、そして24年度は100石と順調に生産量を増やしてきました。(26年度現在はおかげさまで約200石までに成長しました)僕が初めて蔵を訪ね、その意気込みに惚れたのはその2年目・21年度のお酒を販売している最中でしたが、その時の僕がとにかく感じたのは単純な完成度ではなく「秘めたポテンシャル」でした。蔵で初めて会った頃から22BY、23BYと徐々に進化し、さらに25BY、26BYと飛躍的に進化し酒がどんどん美味くなってきました。彼の造る酒の良さは(今のところ)おだやかな香りとしっかりした米の旨味で「食事を選ばない酒」。単純な完成度やその蔵らしさはもちろんまだまだ先かも知れませんが毎年新たなチャレンジや試行錯誤をまだまだ繰り返しながら頑張っています。この先に彼の造る酒を思うと、心からエールを送りたい気持ちになるのです。

 

                           (平成27年6月記)*平成22年より取引開始

 

<2019年4月追記>

昨夏に新しい井戸(深度約100m)を蔵内に設備したことで、今までの井戸(深度約10m)に比べてさらに柔らかな水を仕込みに使えるようになりました。試験醸造をした所とてもいい結果を得られた為、今期(2018/30BY)より新しい水での醸造をしております。同時にラベルやコンセプトも一新、気持ちも新たに造りに取り組む野中くんを、これからさらに応援して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

東鶴 純米酒 つるのおんがえし *2019.11.09発売

使用米:ブレンド 精米:65%

日本酒度:-1 酸度:1.6 アルコール:16度

*8月末の大雨で被災したお酒たちをブレンドし、濾過と火入れをやり直したお酒です

 純米酒から純米大吟醸までの幅広いブレンドになります

                             *1.8L 完売(01/17)

価格:1,210円(720ml)2,420円(1.8L) *720ml完売(12/22)

 

優しい香りと口当たりです。程よい酸に彩られた軽めでやや複雑な旨みがさらりと広がります。インパクトとか派手さは全くなく、地味でしみじみとした旨みが身上。含み香に少しだけフルーティな香りと少々の苦みもアクセントになっています。蔵としても望んだ味わいではないはずですが、この味がここに在るのは紛れもない現実。盃の向こうに復旧に向けて頑張る野中くんたちの姿が見えてきます。できれば常温からお燗で、応援の気持ちで飲んでいただければ幸いです。

 

 *当店では(微力ですが)このお酒の売上から100円/1.8L、50円/720mlを蔵に寄付します

 *東鶴酒造ではクラウドファンディングを実施しています、こちらも応援よろしくお願いします

 

 

 

東鶴 純米 冬支度おりがらみ生酒 2019/01BY *2019.12.12発売

使用米:雄山錦 精米:60%

日本酒度: -1 酸度: 酵母:佐賀酵母F7

火入れ:なし(生酒)

アルコール:16度 

販売予定期間:2月くらいまで

                              *720ml完売(04/08)

価格:1,540円(720ml) 2,970円(1.8L) *1.8L 完売(03/10)

 

8月末の豪雨被災から何とか仮復旧して今期も酒造りがスタートしました。まずは皆様のご支援に感謝いたします。程よくフルーティな香り、さらりと飲めますがジューシーな旨みがしっかり広がって美味しいー。今期は例年とは少しだけニュアンスの違う果実的な酸が甘みとバランスしていてよりジューシーに感じられるかも。今期も東鶴の応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

東鶴 純米吟醸生 WHITE(白麹)2019/01BY *2020.01.28発売

使用米:さがの華 精米:55%

日本酒度:-12 酸度:3.0

麹:白麹使用 アルコール:16度 販売予定期間:2月くらいまで

*数量が極めて少ないためお一人様1本まで(一升/四合いずれか)とさせていただきます

 

価格:1,760円(720ml) 3,410円(1.8L) *720ml完売(03/11)

 

麹に焼酎用の白麹を使うことで発生するクエン酸を利用したお酒です。ほのかな柑橘系の香り、スッキリした口当たりで爽やかな旨みが広がります。かなりの甘さですが存在感のある酸とバランスして日本酒度ほどの甘さは感じません。むしろ爽やかで軽快な甘さがめっちゃ気持ちいい!まずは冷酒でいわゆる「白ワインが合いそうな料理」とわいわい楽しめるイメージのお酒です。今までの日本酒の概念を変えてくれるような楽しいお酒、完成度もかなりのものと思いますよ。

 

 

 

東鶴 純米吟醸生 BLACK(黒麹)2019/01BY *2020.01.28発売

使用米:さがの華 精米:55%

日本酒度:-16 酸度:3.0

麹:黒麹使用 アルコール:16度 販売予定期間:2月くらいまで

*数量が極めて少ないためお一人様1本まで(一升/四合いずれか)とさせていただきます

                              *720ml完売(02/15)

価格:1,760円(720ml) 3,410円(1.8L) *1.8L 完売(01/30)

 

麹に焼酎用の黒麹を使うことで発生するクエン酸を利用したお酒です。ほのかな梅酒系の香り、スッキリした口当たりで爽やかな旨みと後口の余韻が広がります。かなりの甘さですが存在感のある酸とバランスして日本酒度ほどの甘さは感じません。軽快だけれど中庸の重さを感じさせるジューシーな旨みが楽しい!冷やしすぎず赤ワインが合いそうな料理と楽しめそうなお酒です。

今までの日本酒の概念を変えてくれるような楽しいお酒、完成度もかなりのものと思いますよ。

 

 

 

東鶴 純米大吟醸 結晴(むすばれ)2019/01BY *2020.02.21発売

使用米:愛山 精米:50% 日本酒度:-2 酸度:1.5

使用酵母:10号 火入れ:あり アルコール:16度

一言で表すと:派手さ控えめ、柔らかでスッキリ上品な甘さ

形状:専用木箱入り(720ml、1.8L共に) 販売予定期間:春くらいまで

 

価格:3,300円(720ml)5,500円(1.8L) 

 

派手さのない穏やかな香り、愛山らしいジューシーな甘みが柔らかく広がります。「このお酒が酒縁となり素敵な出会いが生まれて欲しい、絆で結ばれている方へ感謝の思いを伝えて欲しい」という気持ちを込めての命名です。甘さに定評のある愛山を磨いた雑味のない旨み、そのほのかな甘さを包み込む穏やかな酸、程々の透明感と共に、軽快によどみなく流れる甘露とも言えるこのお酒からは「優しさ」が伝わって来る気がします。冷酒から常温、お燗まで楽しめますよ。

 

 

 

東鶴 芽吹き うすにごり生(純米吟醸)2019/01BY *2020.03.17発売

使用米:さがの華・レイホウ 精米:60%

日本酒度:+1 酸度:1.5 使用酵母:協会1401号+協会1801号

一言で表すと:程よく華やか&ジューシーな甘さ、微炭酸で軽快に楽しめます

アルコール:15度

販売予定期間:5月くらいまで

 

価格:1,650円(720ml) 3,080円(1.8L)

 

軽いガス感、適度に華やかな香り、芽吹きという名前にぴったりの印象。ジューシーな甘みもそこそこありますが基本的には軽めで爽やか、後口に残らないのでさらりと飲める仕上がりです。酒質の硬さもなく、水の柔らかさもいい方向に出ている気がします。まずは冷酒で、旬のお刺身はもちろん、春野菜や山菜の天麩羅等には特にぴったり、楽しい気持ちにしてくれるお酒です。

 

 

 

東鶴 純米酒 新麹室造り 生 2019/01BY *2020.04.22発売

使用米:美山錦 精米:65%

日本酒度:+2 酸度:1.6

使用酵母:佐賀酵母F401 アルコール:16度

ひと言で表すと:強さ・旨み・酸がバランスよくまとまった万能食中系

販売予定期間:6月くらいまで

 

価格:1,430円(720ml) 2,750円(1.8L) *1.8L完売(05/20)

 

2019年の豪雨災害の教訓を得た結果、二階に新設した麹室で造った純米酒を生酒でリリースです。ほのかなメロン系の果実香、爽やかな酸とバランスする程よくジューシーな旨みがとっても印象的。心配した木香もありません。強すぎず、でも物足りなくない旨みがとってもバランスよく広がります。おつまみを選ばない万能系ですが、まずは冷酒か常温でお楽しみください。

 

 

 

東鶴 純米酒 2019/01BY *2019.04.09発売

使用米:美山錦

精米:65%

日本酒度:+1 酸度:1.6

火入れ:あり アルコール:15度

販売予定期間:基本的に通年

 

価格:1,430円(720ml) 2,750円(1.8L)

 

今年から大幅にリニューアルし、とっても美味しくなった(個人的意見ですが…笑)レギュラーの純米酒です。ほのかな香りに柔らかな旨み、とにかく滑らかで引っ掛かりがなく、後口までスルリと流れます。優しく膨らむ米の旨み、それを支える穏やかな酸、うーん旨い。硬さも薄さもなく、圧倒的な進化としか言いようがありません。温度も万能、今の東鶴を物語る1本です。

 

 

 

東鶴 純米酒 ワイン酵母仕込み 無濾過生 2017/29BY *2019.08.08発売

使用米:山田錦 精米:65%

日本酒度:-4 酸度:2.5

使用酵母:10号

アルコール:15度

販売予定期間:秋くらいまで

                             *720ml完売(09/20)

価格:1,870円(720ml)3,520円(1.8L) *1.8Lは完売(08/28)

 

ほのかな果実香、キュッとした酸に続く甘みがとってもジューシー。一年熟成ですが蔵内での冷蔵なのでとてもキレイな甘みが広がり、後口に少しだけ熟成の深みを感じます。酸のニュアンスに確かにワインを思わせる特有のものがありますが全く嫌味ではなく、とても楽しいお酒に仕上がっています。暑い夏にキンキンに冷やして、特に洋食系の料理と楽しみたいお酒と思います。

 

 

 

東鶴 蝉しぐれ スパークリング生 2018/30BY *2019.06.12発売

使用米:山田錦(等外米) 精米:55%

原材料:米・米麹(等外米使用のため純米規格ですが特定名称表示していません)

使用酵母:明利10号 日本酒度:-4 酸度:2.2

*活性あり、爆発系ほどではありませんが噴き出しますので開栓にはご注意を!

アルコール:14度 販売予定期間:8月くらいまで

 

価格:1,760円(720mlのみの販売) *完売いたしました(12/25)

 

程よい香りと共に米の甘みが軽やかに広がります。今期は麹の一部に白麹を使い、甘みに酸をバランスさせ、より夏向きに仕上げました。活性もそこそこ強めなので絶対に振らず、開栓してから軽く混ぜ、その後に数回ガス抜きをしてからキメの細かい泡をお楽しみください。軽やかな旨みなのでいろいろな料理に合いますし、キンキンに冷やして野外のBBQにもサイコーです。

 

 

 

東鶴 実のり 生酛造り 純米酒  2018BY/30BY *2019.09.15発売

使用米:山田錦+雄町 精米:65%

日本酒度:-2 酸度:2.1

使用酵母:協会7号

火入れ:あり アルコール:16度

販売予定期間:11月くらいまで

                              *720ml完売(12/21)

価格:1,650円(720ml) 3,080円(1.8L) *1.8L 完売(10/30)

 

生酛らしいほのかな乳酸香、柔らかな口当たりから広がるまろやかな旨み、適度な熟成による程よいふくらみとほんのりと木を感じる余韻・・・旨いです。酸もありますが強烈ではなく、ヨーグルトを思わせる柔らかな酸で旨みとのバランスがとてもよく、盃が進みます。それにしてもいい熟成してるなー。冷酒でも旨いですし、常温からお燗ではさらに豊かな味わいが楽しめます。

 

 

 

東鶴 純米 お燗酒 2017BY/29BY *2018.11.16発売

使用米:国産米 精米:70%

日本酒度:+2 酸度:1.7

アルコール:15度

販売予定期間:1月くらいまで

 

価格:1,320円(720ml)2,530円(1.8L) *共に完売しました(09/03)

 

今期で4年目、ラベルも斬新なお燗酒。タンク数種類の「責め(と呼ばれる搾りの最後に搾り出す旨味の強い部分)」を野中杜氏自らが独自にブレンドした、リーズナブルな価格のお酒です。スッキリした飲み口ながらバランスのよい旨みが口の中に広がり、柔らかな余韻が残ります。冷やしちゃダメということはありませんが(笑)お燗にすることで隠れた旨みがより全開になる設計のお酒です。常温またはお燗で、この冬のお鍋のお共に定番のひとつになりそうです。