風が吹く/(資)白井酒造店(福島県大沼郡会津美里町)*価格は全て税込です

 

 

地元銘柄は萬代芳(ばんだいほう)。「風が吹く」という銘柄は九代目蔵元の白井栄一さんが平成17年度に立ち上げたブランドで、自然乳酸を生かした山廃と醸造用乳酸を使用した速醸の両方があります。ご縁があって蔵を初めて訪ねたのは2009年10月。ちょうど7年前、僕が地酒屋こだまを開店する前年になります。それから付かず離れず、毎年のその酒質に注目しながら過ごしてきましたが、先日久しぶりに再訪し、この10月よりついに取り扱いを開始いたします。長い間務めた杜氏がご高齢のため数年前から補佐役となり昨年を最後に引退されたので今期28年度からは完全に白井さんが杜氏となります。「風が吹く」は地元で有機栽培された五百万石のみを使い、かつ生原酒がメインとなり、その味わいは「柔らかな酸とふくよかな味わい」実は白井さんの山廃への考え方は独特で、山廃でも酸は抑えて柔らかく仕上げる⇒いかにも山廃!なニュアンスではなく「せっかくいい米を使うのだからできれば醸造用乳酸は使いたくない」という理由から山廃を選択しているに過ぎず、目指す酒質は速醸でも山廃でも酸をそれほど感じさせない柔らかな旨口なのです。その意味では会津の中でもちょっと異端の味わいかも知れません。でもそれがとても個性的で飲んで楽しい酒質に繋がっているように思います。田舎の農家の軒先がそのまま蔵になったようなホッとする造りの小さな蔵は現在300石後半というまだまだ少量をほとんど家族で醸しています。穏やかで朗らかな中に頑固さを秘めた白井さんの想いをこれから一生懸命に伝えて参りますので、応援宜しくお願い申し上げます。

 

 *なお、都内ではふくはら酒店さん、伊勢五本店さんなどでも

  既に取り扱いがございますのでそちらでも是非どうぞ!

 

                                      <平成28年10月、記>

 

 

風が吹く 純米吟醸生酒<ピンク>うすにごり 2019/01BY *2020.02.27発売

使用米:会津産 有機栽培 五百万石(自然農法『風』の会) 精米:50%

日本酒度:+4 酸度:1.4 酒母:速醸 使用酵母:M310

一言で表すと:やや軽快なフルーティ&ジューシー系

アルコール:16度 販売予定期間:3月くらいまで

                              *720ml完売(04/02)

価格:1,595円(720ml) 3,190円(1.8L) *1.8L 完売(03/27)

 

やや華やかな香り、ジューシーでカラフルな旨味が広がります。軽すぎないバランスのいい甘みと、まだ少し新酒ならではの苦みも含めてフレッシュなお酒です。うすにごりらしいフルーティな美味しさが春の予感を感じさせる、風が吹くの新酒第一弾。この癖の無い美味しさは初心者にも飲みやすいと思います。基本的には冷酒で(ワイングラスもオススメ)特に旬の洋風のおつまみ(菜の花のグラタンとか食べたくなる!笑)と合わせるとさらに良さが引き立つ気がします。

 

 

 

風が吹く 山廃仕込<金>純米吟醸 うすにごり 中取り生酒 2019/01BY *2020.03.25発売

使用米:会津産 有機栽培 五百万石(自然農法『風』の会) 精米:50%

日本酒度:+2 酸度:1.5

酒母:山廃 酵母添加:あり 使用酵母:M310 アルコール:16度

一言で表すと:程よくフルーティ&ジューシー、軽快な美味しさ

販売予定期間:6月くらいまで

 

価格:1,650円(720ml) 3,300円(1.8L)

 

洋梨を思わせる甘い香り、程よくジューシーな旨みのお酒です。甘さもありますが程よいキレもあるためダレません。醸造用乳酸を使わない山廃造りではありますがそこは白井流、酸の強さや飲みにくさが少なめのフルーティな山廃としてお飲みいただけます。まずは冷酒で、和食はもちろんですが、洋食や重すぎない肉料理等とワイングラスで合わせるとより楽しめると思います。

 

 

 

風が吹く 純米吟醸<赤>生酒 2019/01BY *2020.04.04発売

使用米:会津産 有機栽培 五百万石(自然農法『風』の会) 精米:50%

日本酒度:+3 酸度:1.4

酒母:速醸 酵母:M310 アルコール:17度

一言で表すと:程よく華やかで軽やかなジューシー系

販売予定期間:6月くらいまで

 

価格:1,540円(720ml) 3,080円(1.8L)

 

華やかで甘い香り、ジューシーでカラフルな旨味がしっかり広がります。米の甘味をしっかり感じる反面、程よいキレもあってダレません。原酒ならではの力強さ、高すぎない酸の滑らかさ、広がる果実味もイチゴや梨などを感じて多様な印象です。基本的には冷酒で、ワイングラスなどで香りごと楽しみつつ、少し濃いめの洋食系肉料理などと合わせたら幸せなお酒と思います。

 

 

 

風が吹く 山廃仕込<黒>純米生酒 2018/30BY *2019.05.14発売

使用米:会津産 有機栽培 五百万石(自然農法『風』の会) 精米:55%

日本酒度:+4 酸度:1.7

酒母:山廃 酵母添加:あり(うつくしま煌酵母)

アルコール:17度

販売予定期間:8月くらいまで

                             *720ml完売(08/20)

価格:1,485円(720ml)2,970円(1.8L) *1.8L 完売(07/17)

 

爽やかなメロン+リンゴ系の香りがほのかに、ジューシーな酸に縁取られた旨みが広がります。いかにも山廃という酸ではない辺りに「あまり意識せず飲んで貰いたい」という造り手の想いを感じます。高精米ゆえの透明感もあり、まだ軽めながらもパンチがあり程よくジューシーな仕上がり。キレもあるのでいろいろな食事に合わせて、冷酒からお燗まで楽しめるお酒と思います。

 

 

 

風が吹く 特別純米<銀>生酒 2018/30BY *2019.07.20発売

使用米:会津産 有機栽培 五百万石(自然農法『風』の会) 精米:55%

日本酒度:+4 酸度:1.4

酒母:速醸 酵母添加:あり

アルコール:17度

販売予定期間:ほぼ通年

                              *720ml完売(04/11)

価格:1,430円(720ml) 2,860円(1.8L) *1.8L 完売(12/22)

 

優しい香りがほんのり、力強いアタックと共に複雑味のある旨味がちょうどよく広がります。ほんのりしたメロン系の爽やかな風味をまとった米の旨味を堪能することができるお酒です。シリーズ中では比較的地味?ですが、このバランスはまさに食中向き。風の会が作る有機栽培五百万石の底力をしっかり味わえます。冷酒、常温、お燗まで万能で幅広い肴と合わせて楽しめます。

 

 

 

風が吹く 山廃仕込<青>純米生酒 中取り  2018/30BY *2019.10.16発売

使用米:会津産 有機栽培 五百万石(自然農法『風』の会) 精米:55%

日本酒度:+3 酸度:1.7

酒母:山廃 酵母添加:あり(うつくしま煌酵母)

アルコール:17度

販売予定期間:年末くらいまで

 

価格:1,540円(720ml) 3,080円(1.8L) *共に完売しました(11/14)

 

香りはあくまで控えめで爽やか、山廃を意識させないジューシーな酸に彩られた滑らかな旨み、中取りならではの滑らかなコクが魅力のお酒です。軽すぎず重すぎず、白井さんが目指す食中酒として実にいいバランス。今期は柔らかさもあり開けたてでも美味しいですが、時を経てもいい感じに育つのでゆっくり飲むのもお勧めです。冷酒はもちろん、常温からお燗でも楽しめます。

 

 

 

風が吹く 山廃仕込<緑>純米吟醸生酒 2018/30BY *2019.07.20発売

使用米:会津産 有機栽培 五百万石(自然農法『風』の会)

精米:50% 日本酒度:+3 酸度:1.5

酒母:山廃 酵母添加:あり(M310)

アルコール:17度 販売予定期間:9月くらいまで

                              *1.8L 完売(10/10)

価格:1,595円(720ml) 3,190円(1.8L) *720ml完売(11/05)

 

バナナ系のフルーティで華やかな香りを程よく感じます。ジューシーな米の甘みが柔らかく広がり、数値より少しだけしっかり感じる酸がそれをバランスよく彩ります。意識しないと山廃とは思えないかも知れません(それが造り手の意図なのです)ので「いわゆる山廃系の味わい」が苦手という方にもお勧めしやすい酒質です。品のいいフルーティな甘味とジューシーな酸のバランスが楽しいこのお酒はまずは冷酒で、和食はもちろん洋食との相性もかなりいいと思います。

 

 

 

風が吹く 山廃仕込<金>純米吟醸生酒 中取り 2018/30BY *2019.11.20発売

使用米:会津産 有機栽培 五百万石(自然農法『風』の会) 精米:50%

日本酒度:+3 酸度:1.5

酒母:山廃 酵母添加:あり(M310/香り系) アルコール:17度

販売予定期間:2月くらいまで

                              *720ml完売(03/04)

価格:1,650円(720ml) 3,300円(1.8L) *1.8L 完売(02/23)

 

ひとつ上の緑ラベルと同じお酒を中取り(搾りの過程で最初と最後を除いた「最もキレイでバランスのいい」と言われる真ん中の部分だけを詰めたもの)したお酒です。華やかな香りがフルーティに広がり、品のいい甘味がさらに軽やかに、透明感を持って滑らかに流れます。後口には約一年熟成らしい旨みの余韻が楽しめます。白井さんの意図でいわゆる山廃っぽさを抑えた酒質に仕上げていて、まさに中取りらしい滑らかな美しさを感じます。まずは冷酒でお試しください。

 

 

 

風が吹く 純米吟醸<ピンク>中取り生酒 2018/30BY *2019.12.24発売

使用米:会津産 有機栽培 五百万石(自然農法『風』の会) 精米:50%

日本酒度:+2 酸度:1.4

酒母:速醸 酵母:M310 アルコール:17度

販売予定期間:2月くらいまで

                           

価格:1,595円(720ml) 3,190円(1.8L) *共に完売しました(1/10)

 

華やかな香り、口当たりよく、爽やかに艶やかに柔らかな甘味が広がります。ラベルのイメージにぴったり、華やかでジューシーなコクが美味しいお酒です。透明感があり甘すぎず微かな苦味が引き締め、前に出過ぎることなく肴を引き立ててくれます。中取り(搾りの過程で最初と最後を除いた最もキレイでバランスのいいと言われる部分だけを詰めたもの)らしい滑らかさも含めてバランスよし!少し洋のニュアンスの肴との相性は特に抜群です。まずは冷酒でどうぞー♪